FC2ブログ
2019/04/15

採集記:山原と金色の擬蜂天牛

GWの沖縄には多くのカミキリ屋さんが集まるようで、私も例に漏れず、一昨年、去年と行っています・・・が、結果はお察しの通り。

そして性懲りも無くまた行ったのであった・・・(3度目の正直というやつ)
GWの沖縄は、春と夏の端境期にあたり、カミキリ的には微妙な季節で、”例のアレ” ぐらいしか狙うものがいないのです。
今年がダメだったら来年は別の場所に・・・と言う感じで今回の遠征に挑みました。

空港
サクッと移動し、沖縄本島へ・・・。慣れたもんだ。
天気は申し分なさそう。
そーきそば
道中、沖縄そばを食べるなど。味が薄いのでいくらでも食べられる。
聞いたところ、問題なく発生しているようで、期待と不安が押し寄せます。

そして、挑戦スタート。
・・・が、前日夜更かししたせいか全く調子が上がらず・・・(アホ)

ぼーっとしていたら、隣で採っている人が・・・!悔しいっ!
この日は午後まで粘りましたが、飛翔個体すら見られず。体調も戻らないのでさっさと帰ってふて寝しました。

次の日・・・
バッチリ寝たのとご飯をしっかり食べたので、体調は最高。
朝から挑戦スタート。天気もばっちり。
気温が上がり始めた10時頃、向かい側の谷からふわっと・・・
「きたっ!」、網をのばすが、二人ともスカ。思ったより高いところ飛んでいた。
初めて見たネキに感動したけど、採らないことにはどうしようもない。


日差しが照ってくる中ただひたすら待っていると、ふわふわっと何かが飛んでいるのに気づきました。他の人は気づいてないよう。
動きも遅かったので、さっと飛び出してネットイン。

「やった・・・!!!」
網の中には・・・

タマキイ
Necydalis moriyai tamakii (怖くて〆た後に撮影・・・笑)

3年越しのオキナワホソコバネカミキリ・・・ッ!
摘む手は震えるし、動悸も止まらないっ・・・

採った瞬間がここまで嬉しい虫はいなかった・・・!3年目にして・・・!
初めてのネキを生きたままじっくり観察したい気持ちを押さえて、毒ビンへ。(上の写真に続く)
ひと呼吸おいて、改めて見て、ようやく採ったんだ・・・と。安堵の気持ち。

午後に頭上を飛んでいたものをネットインし、この日は♂2頭採集できました。
今までのはなんだったのやら←
その後友人を乗せ、山原をドライブ。夕方に軽く採集し、この日は終了。


次の日は帰宅日であったが、夕方の便だったので、午前中のみ行く事に。
この日も飛んでいる個体を複数見ましたが、ネットインは出来ず。隣にいた人が複数採集していて、経験・実力・運命力の差を感じました・・・笑
日程が全て終了し、事故も無くレンタカーを返却し、空港へ。

改めて振り返ると、今年は去年、一昨年と比べて個体数も多く感じた。♀を採ったという人もちらほら見受けられて、当たり年だったのだろうと思う。
採集した時の条件は以下の通り。
「雲があるが基本晴天、体感気温は26〜28 ℃ぐらい。湿度も高めの印象。10時〜14時に飛翔個体が見られた」

今後どうなるかわからないけれど、またいつか挑戦したいと思う。
オキナワホソコバネカミキリを採集するにあたって応援・助言をいただいた人たちに感謝したい。

その中でも挑戦1年目に知り合い、一番喜んでくれたFUJIKAWA氏に多大なる感謝を申し上げる。
えんだー
採集後にFUJIKAWA氏とえんだーへ


タマキイ2
最初に採集したオキナワホソコバネカミキリ。かっこいい。

スポンサーサイト
2018/12/09

投稿した報文まとめ

随時更新します。(都合により一部地名、著者名は省略)
興味がある方、別刷りが欲しい方はご一報ください。

[津軽昆虫同好会 Celastrina]
久渡寺・座頭石のカミキリムシふたたび (2) No.49 p.21-24.
→ H市南部のカミキリムシ調査。

白神山地にてマグソクワガタを採集 No.51 p.11
→ 当地初記録。八甲田方面での記録あり。新産地があると思われる。

H市におけるフトハチモドキバエの記録 No.51 p.11
→ おそらく北限記録(青森初?) 。

白神山地にてクロヒラタカミキリを採集 No.52 p.33
→ 青森県2例目。山間部の土場にて。

G市におけるセコブナガキマワリの記録 No.53 p.16
→ 青森県2例目。恐らく北限記録。

[水戸昆虫研究会 るりぼし]
北茨城市におけるニセノコギリカミキリの記録 No.45 p. 45
→県2例目。

常陸太田市におけるナカネアメイロカミキリの記録 No. 47 p. 144
→追加記録。発生木を確認し、その周辺から得た。

常陸太田市におけるサドチビアメイロカミキリの記録 No. 47 p. 145
→追加記録。花より得たと記憶している。

○○○○にてムネモンヤツボシカミキリを採集 No.47 p.145
→当地初記録。

北茨城市におけるカエデノヘリグロハナカミキリの追加記録 No.47 p.146
→追加記録。倒木上で交尾していた個体を発見した。
2018/08/27

白点鯱

シロテンシャチホコ
シロテンシャチホコ Ellida viridimixta

白と緑のコンビネーションが光る。

山梨県にて。
2018/06/10

鳶紋大枝尺

トビモンオオエダシャク
トビモンオオエダシャク Biston robustus robustus

早春に現れる大型のガ。クシヒゲ状の触角がきゅーと。


山梨県にて。
2018/06/06

椴松乃木蜂

トドマツノキバチ
トドマツノキバチ Xoanon matsumurae

針葉樹原生林に生息する大型キバチ。カラマツ土場にいたが、あまりの巨大さに震えた。


山梨県にて。